大阪国際女子マラソンの舞台裏

 産経新聞、サンケイスポーツ、関西テレビから集まった事務局関係者が裏話や感動秘話、普段の仕事や日常を綴ります。  事務局は毎年11月1日から1月31日まで、産経新聞大阪本社事業局内に開設されます。広報や渉外、警備、計測、式典、車両、交通、選手交渉、営業などの担当が在籍。このほか沿道整理員や審判員、ボランティア、警察官、ガードマン、沿道のみなさんなど多くの方々に支えられて大会を運営しています。 (旧ブログ http://marathon.iza.ne.jp/blog/)

2007年08月

大阪国際女子マラソン公式サイト→http://www.osaka-marathon.jp/

原選手は何時に起きるの?

 プロデューサーKです

 世界陸上の日本男子陣は、残念ながらメダルには手が届きませんでした。

 さあ次は女子です。

 個人的には、大阪国際で権利を獲得した原、小崎選手を応援します。

 ここで疑問が?(前にも書きましたが)

 原選手は、今年の大阪国際で午前5時すぎにはニューオータニの玄関でアップしていました。さて、7時スタートの世界陸上ではいつ起きるのでしょうか?

 それを考えると私は寝られません。

 ちなみに、大阪国際の時間で換算すると、午前0時には起きていることになるのですが…。

 レースが終わったら聞いてみたいもんです。

 といっても、私はテレビ番組のプロデューサーではないので、直接選手と話をする機会はほとんどありませんが…

世界陸上、尾方選手とコースを回りました

 プロデューサーKです

 あすは、いよいよ世界陸上が開幕。マラソンは、うちのコースを走ります。われわれは、大会運営には携わりませんが、国からこられた偉いさんたちが中心になって運営をなされるので、心配ないと思います。成功をお祈りいたします。

 唯一うちの事務局からは、M浦兄やんがお手伝いにいってます。多分、ここ数日寝てないやろなあ。夜も明けてきたので、そろそろ沿道の夜回りも終了する時間です(現在午前4時23分)。

 世界陸上は、男子マラソンで幕を開けます。数ヶ月前、中国電力の尾方選手からの依頼で、一緒にコースを回りました。

 「ここの区間はデコボコが多い」「見た目は坂だが案外平坦」「焼肉のにおいがするとあと●キロ」「この区間は道幅が狭い」「最短距離はこのコース取り」など、役にたつのか役にたたないのか分かりませんが、尾方選手の問いかけに知っているかぎり答えた次第です。

 また、大崎選手は、4月29日の堺シティマラソンに飛び入りで来場してくれました。多くの市民ランナーを前に、「地元大阪で走ることができてうれしい。みなさんの応援よろしくお願いします」とさわやかにあいさつしていたのが印象的でした。

 小生は、いつも一緒に仕事している仲間が出場する競技会(といってもスポーツではありません)の応援に行くので、沿道で観戦することはできません。遠く、東北よりテレビにて応援いたします。

 頑張れ、日本男児5人衆!

 頑張れ、宮浦

ギャラリー
  • プロデューサーKです。お久しぶりです。
  • さいたま国際マラソン記者会見
  • 生駒山上
  • 生駒山上
  • 第17回全日本かくれんぼ大会 湯村温泉で開催
  • 第17回全日本かくれんぼ大会 湯村温泉で開催
  • 南大阪のおすすめランニングスポット
  • 堺シティマラソン!
  • 堺シティマラソン!
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ