プロデューサーKです。マラソンに携わり、今年で5年目になります。大阪国際女子マラソンは、過去25回の大会を経て、今では「大阪」の名を世界に発信するスポーツ大会として定着しました。

 大阪国際は、他のマラソン大会に比べ、繁華街や下町など生活道路を中心に走るので、沿道の声援が大変多いのが特徴です。御堂筋や大阪城、鶴橋、長居競技場、大阪市役所、北浜、天満橋、杭全(くまたと読みます・これが読める方はかなりの大阪通)…と大阪らしい場所を巡ります。

 毎年、優勝ランナーに、鶴橋駅前の「焼肉のいいにおい」が気にならなかったのか聞いてみようと思いながら、なかなか聞くチャンスがありません

 また、お茶の間では、大阪城アルフィー が浸透しているようです。「あのコースを走ってみたい」という市民ランナーの声が大きいことから、今年から3000人規模のハーフマラソンも開始しました。今回のハーフマラソンには、有名タレントからも「参加したい」と問い合わせが来ています。

                  ◇

 事務局では、市民生活への影響を最小限にとどめるべくため、関係機関と話し合いながら、大会運営の準備を進めています。ご支援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。